酔芙蓉ヒント集

2007/4/4新設 2008/8/13更新

サイトTOPへ ブログへ BBSへ


CONTENTS
(1) 昔の記事が読めない?


(2) 使えるHTMLタグは?


(3) カウンターってどこにある?


(4) 水田さんが嬉しい
アマゾン利用法って?

【2008/8/13関連バナー廃止】


(5) コメントで絵文字を使うには?


このページは、水田さんのブログ・酔芙蓉(旧・芙響和音)についてのノウハウ集(←大げさ)です。気づいたことがあれば追加していきます。ネタ募集中です(^_^;)



(1) 昔の記事が読めない?

酔芙蓉の過去ログを読みたいときは、左サイドバーの「BackNumber」というロゴをクリックしてください。バックナンバーのページが開いて、酔芙蓉創立以来の記事やコメントが読めます。
(2008/8/13『酔芙蓉』左サイドバー仕様変更に対応)

ページTOPに戻る



(2) 使えるHTMLタグは?

酔芙蓉では、ホームページ記述用のHTMLタグのうち、<A HREF〜>(リンク)と<B>(太字)だけ使えるようです。


●リンクの設定
書式 <A HREF="リンク先のURL">表示したい文字</A>
記述例 <A HREF="http://mizu-fumi.way-nifty.com/">ここ</A>をクリックすると
別のページへ飛べます。
表示 ここをクリックすると別のページへ飛べます。
       ※実際にはリンク部分に下線も付かず、文字色も変わりません。


●太字の設定
書式 <B>太字にしたい文字</B>
記述例 文字を<B>太く</B>できます。
表示 文字を太くできます。


次のように、アワセ技ももちろん可能です。


●リンク+太字の設定例
記述例 <A HREF="http://mizu-fumi.way-nifty.com/"><B>ここ</B></A>が
太字のリンクになります。
表示 ここが太字のリンクになります。
       ※実際にはリンク部分に下線も付かず、文字色も変わりません。


リンク部分には、実際には下線も付かず文字の色も変化しないため、そのままではどこがリンクなのかまったく分かりません。このアワセ技でリンク部分を太字にしておけば、分かりやすくなります。

なお、タグ入りのコメントを書き込む際は、あらかじめ[確認]ボタンで結果を確認(プレビュー)しておいたほうが安全です。プレビュー中はリンク部分に下線が付いていますが、書き込み後は下線が表示されなくなるのでご注意ください。

ページTOPに戻る



(3) カウンターってどこにある?

左サイドバーの一番下にあります。(2008/8/13『酔芙蓉』左サイドバー仕様変更に対応)

ページTOPに戻る



(4) 水田さんが嬉しいアマゾン利用法って?

酔芙蓉の左サイドバーには、水田さん関連商品などについて、アマゾンやら楽天、ヤフオクやらのアフィリエイト(アソシエイトプログラム)用のボタンが貼ってあります。ここから購入すればサイトに紹介料が入る−−ことはご存知のとおりです。

ここに載っていない商品でも、アマゾンのサーチ窓(右図)を利用すれば同様の貢献?ができます(^_^)。作品名や作者名を入力して[GO!]をクリックすれば、アマゾンのサイトで検索結果が表示されます。あとは通常どおり商品を選んで購入の操作をしてください。

『酔芙蓉』左サイドバー仕様変更に伴い、アマゾンなどのアフィリエイトは終了しました。
(2008/8/13)


ページTOPに戻る



(5) コメントで絵文字を使うには?

2008年6月の改装後、コメントの本文中で絵文字が使えるようになりました。ただし、[コメントを書く]欄では入力できないので、[コメントのプレビュー]を表示しておく必要があります。具体的な手順は以下のとおりです。

[1] 記事別ページ下部の[コメントを書く]欄で、[確認]ボタンをクリックします。[コメントのプレビュー]が表示され、[内容:]欄の見出し脇にが表示されます。

[2] [内容:]欄にコメントの本文を入力していきます。途中、絵文字を入れたいところでをクリックすると、絵文字の一覧が表示されるので、使いたい絵文字をクリックしてください。(※)

[3] 通常どおり、[確認]ボタンでプレビュー、[送信]ボタンで書き込みの実行ができます。

(※)絵文字の一覧では、複数の絵文字を連続して入力する操作も可能です。[Shift]キーを押しながら、入力したい絵文字を順次クリックしてください。

ページTOPに戻る

ページTOPに戻る



サイトTOPへ ブログへ BBSへ



inserted by FC2 system